院長先生の相談室


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 6831
タイトル Re: 猫(雌)の膀胱炎経過
投稿日 : 2015/05/20(Wed) 19:34:40
投稿者 高円寺アニマルクリニック
参照先
こんにちは。

@長引いているように感じるが他の疾患の可能性は?
 最初に処方された薬がわかりませんが、11日後に症状が改善してきたのは、5日後に使用したステロイドが膀胱の炎症を抑制したためではないでしようか。
 尿検査が充分でないので、膀胱炎との確定診断には至っていないようですが、膀胱炎を想定した治療に反応しているので、ほぼ膀胱炎と考えて良いと思います。
 今後の課題は、膀胱炎を起こさせた原因を探ることです。
 再発を防ぐためにも重要なことです。
 最近は、頻尿が減ってきたとのことなので、1回の排泄量も増えてきたと思います。
このタイミングでしっかりと尿検査をしておきましょう。
 治療の止め時は、症状の改善ではなく、尿検査の結果で決めていくことをお勧めします。
 症状だけで判断すると治りきってない時点で治療を中断することになり、再発のリスクが高くなってしまいます。

A乳児が居るため粗相されないようケージに入れているが、ストレスは問題ないでしょうか
 関係している可能性は大いにあります。
近年、原因が細菌でも結晶でもない膀胱炎や、治療に反応しにくく治りにくい膀胱炎が増えてきています。
このような、原因が特定できない膀胱炎を特発性膀胱炎と呼びます。
 原因の一つとして、「ストレスが大きく関わっている」という説が有力で、精神安定や抗不安のサプリを使うと良化することは知られています。
 治療が長引きそうなら、ストレス治療も並行して行うといいかもしれません。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -