院長先生の相談室


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 6841
タイトル Re: 野良の雌猫の避妊手術
投稿日 : 2015/05/29(Fri) 12:19:19
投稿者 高円寺アニマルクリニック
参照先
こんにちは。

HPを褒めていただきありがとうございます。
これからも励んでいきたいと思います。

ご相談の件ですが、
リリースするにあたって、繁殖を防ぐことが絶対条件ならば、確実に避妊処置をするために開腹手術をすることをお勧めします。

開腹手術をしないで避妊手術の有無をかくにんできるでしょうか?
1.発情間隔は個体差があるので、6ヶ月間なかったから大丈夫とは言えません。
2.発情していない卵巣や子宮をエコーで描出するのはかなり難しいことです。
「確認できなかった/見えなかった=避妊手術済み」とはいえません。
  また、卵巣だけを摘出する手術法もあるので、仮に子宮が描出されても未処置と言い切ることもできません。
3.CTやMRIは全身麻酔が必要な上、とても高価な検査です。
  今回のようなケースで行う検査ではないと思います。

手術前の健康チェックをしっかり行っておけば、開腹手術は恐い手術ではありません。
未処置であれば避妊処置を行えるし、処置済みであればそれが確認できます。
不確実なもやもや感はなくなります。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -