院長先生の相談室


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 6927
タイトル Re: pHコントロール
投稿日 : 2015/07/29(Wed) 10:10:27
投稿者 高円寺アニマルクリニック
参照先
こんにちは。

一番の問題は尿比重がとても高いことで、これが改善されないとストルバイトはなかなか消えないかもしれません。
飲水量を増やす工夫がとても重要ですね。
飲水量を増やす工夫についてはかかりつけの獣医師に相談してください。

ロイヤルカナンのpHコントロールシリーズは、食材の配合バランスで弱酸性の尿になるように設計されています。
ヒルズ、ユカヌバなどの下部尿路疾患用の食事も同じです。
尿酸化剤を混ぜて尿を酸性にさせる食事の場合、一般食と混ぜて与えてもある程度効果が期待できましたが、配合バランスで酸性尿にする食事では他のものと混ぜると効果が発揮されない可能性が高いと言われています。
*尿酸化剤の長期投与は有害な副反応をもたらす可能性があるので、療養食では使われなくなっています。短期投与は問題ありません。

pHは7.0なのにストルバイトが++ですから、pHがアルカリに傾けば結晶がもっと出現するようになってしまうことが考えられます。
飲水量を増やし、尿pHは弱アルカリを保つことが大切になってきます。

少なくともストルバイト結晶が消えるまでは、食事は下部尿路疾患用の療養食のみで与えることを強くお勧めします。
pHコントロールシリーズは「0」の他にもたくさんの種類が出ています。
ストルバイトに特化した食事「1」もあります。
パウチも入れると8種類のタイプから選択できます。
この中には、便の状態を維持できる食事があるかもしれません。
また、ヒルズやユカヌバ、ドクターズ、JPスタイルなど、他のメーカーを試してみるのもいいと思います。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -