院長先生の相談室


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 7179
タイトル Re: 先住猫と新入り猫の仲
投稿日 : 2016/04/19(Tue) 17:30:14
投稿者 高円寺アニマルクリニック
参照先
こんにちは。

先住猫と新入り猫の仲がうまくいかないのはよくみられます。
多くの場合、先住猫にとって新入り猫は大きなストレスとなります。
先住猫の反応は、大きく分けて
・拒否:ストレス要因(新入り猫)を排除しようとする。威嚇、攻撃などの行動を見せる
  野外生活では相手をテリトリーから追い出そうとする
・静観:ストレス要因を見極めようとする。威嚇や攻撃はしないが受け入れているわけではない 
野外生活では争いを避けて自らテリトリーを放棄することもある
の二つになります。

「静観」の場合、新入り猫の態度が良ければそのまま受け入れに移行していきますが、新入り猫の態度が気に入らなければ「拒否」に移行していきます。

最初から「拒否」の場合は、新入り猫を認知するところから始める必要があるかもしれません。
ずっと威嚇が続くようならいっしょにうまく暮らすのは難しいかもしれません。

必ずうまくいくわけではありませんが、仲を改善させられる可能性は充分にあります。
まず、かかりつけの動物病院でまず相談してみましょう。
獣医師にはそれぞれ成功経験のあるやり方があると思います。
深刻な場合は、治療中の家での様子などある程度時間をかけたカウンセリングを伴いますし、治療や対応をまめ調整していくケースもあります。
そのような理由から、電話やメールではなく、直接対面してお話ができることが重要です。
通える動物病院でアドバイスを受けるのが良いと思います。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -