院長先生の相談室


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 7872
タイトル Re: 猫のあごにきび
投稿日 : 2017/07/27(Thu) 18:51:23
投稿者 高円寺アニマルクリニック
参照先
こんにちは。

お話を読むと、ちゃんと調べて基本的な対応はされているようですね。
猫にきびとは、猫のあごの下にできる黒い、小さなできもののことです。
動物病院では座瘡と呼んでいます。

猫にきびの原因はハッキリとわかっていません。
一般的には、猫のあごは食事の汚れや唾液が付きやすく、その上直接グルーミングもできないので、不衛生になりがちな結果発症すると考えられています。
次のようなことが原因と考えられています。
・食器:汚れている
    食器の素材に過敏反応を起こしている
・ストレスによるもの:ストレスによって皮脂が過剰に分泌される
・ニキビダニが寄生している
・フードが合わない:その猫の消化力によってはたんぱく質や脂質が合わないこともあります。
•ホルモンバランスの乱れ(去勢・避妊手術後)

症状が軽い場合は、今やられているようなお手入れで清潔に保つことが予防になります。私が治療していてときどき出会うのは、飼い主さんのお手入れのやり過ぎが悪化させる原因の一つになっているケースです。
猫の皮膚を荒らさない程度のお手入れを、マメにしていただくのがよいと思います。
その他、皮膚用の食事を試してみたり、顎に食事が付きにくいように深い食器を用意する、などの対応もいいとおもいます。
イソジンなどの消毒薬を5〜10倍に希釈して使用してもよいですが、 消毒薬の仕様を検討する程度の症状なら、一度動物病院で診察受けてみましょう。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -