[戻る]
新着表示

Re: 猫のフケ 投稿者:高円寺アニマルクリニック 投稿日:2016/01/28(Thu) 16:18:58 No.7168

こんにちは。

フケは新陳代謝によって、古くなった皮膚が剥がれたものです。
なので、フケが多少出るのは問題ありません。
しかし、多すぎるフケはが何らかの問題を抱えいる場合があります。
・皮膚の表皮は乾燥によってはがれやすくなります。
・猫自身のグルーミングが十分でないとフケが残ってしまいます。
・皮膚病があると、角化(皮膚がフケになる)が亢進することがあります。

対策
1.ブラッシングを行う
ブラッシングは一番効果があります。
定期的にネコちゃんをブラッシングしてあげてください。
長毛の猫はブラッシングを嫌がるケースが多いですが、これは毛が引っ張られる感覚や痛みを嫌うからです。
静電気を防ぐブラッシングウォーターなどを噴霧してから行うと痛みや不快感を減らせます。
先端が丸くなっているブラシを使うと、肌を傷つけることも少なく皮膚へのマッサージ効果も期待できます。

2.保湿する
皮膚が乾燥すると、皮膚のセラミドが失われます。
セラミドは細胞と細胞の間にあって、細胞と細胞をつなぎ止める役割をしています。
そのセラミドが不足すると細胞をつなぎ止める力が弱くなり、細胞ははがれやすくなり、
そのはがれた細胞がフケになります。
セラミドが失われないように保湿を心がけましょう。
保湿成分のあるコンディショナーを皮膚に噴霧すると乾燥をかなり防げます。
乾燥性の痒みにもとても有効です。
加湿器を使うのも効果があるといわれています。

3.猫自身のグルーミング不足
フケをほとんど目にすることがない猫はたくさんいますが、その子たちはフケが出ないわけではなく、日常のお手入れが十分にできているからフケが目立たないのです。
爪とぎやグルーミングがよくできない猫の多くが、体に痛み(特に関節)を抱えているといわれています。
年齢が6歳以上なら、関節炎の治療をしてみると改善するかもしれません。

4.シャンプー
保湿効果があり、皮膚の油分を取りすぎないシャンプーを選ぶようにしましょう。
また、シャンプー後の十分な乾燥も大切です。
長毛猫の場合、皮膚に近い毛の根元の乾燥が不十分なことがあります。
濡れた状態が続くことも皮膚炎やフケの原因になります。
シャンプーのあとは毛の根元までしっかり乾かしてあげましょう。

痒みがなくても、皮膚が赤くなくても皮膚病のことはあります。
いろいろ試しても改善しない場合は、動物病院で相談してみるることをお勧めします。

追記
動物(猫のも人のも)のフケはノミやダニの食糧になります。
ブラッシングしたあとのフケはゴミ箱などに処分するようにしてください。

猫のフケ 投稿者:cha 投稿日:2016/01/27(Wed) 18:05:11 No.7165


こんにちは。猫のフケのことで質問させていただきたいです。

長毛種なので表面上は見えないのですがめくるとフケが結構あります。
特に赤くなったりはしていないので炎症は起こしてないと思います。
ほんとはブラッシングをこまめにしたいのですが、
ブラッシングが大嫌いな猫なのでちゃんとできてません、、、
表面上だけ少しできてる感じです。
フケに効果的な方法はありますでしょうか?
オリーブオイルをほんとに少しつけてマッサージとかは効果あるでしょうか?

よろしくお願いします。

Re^4: 子猫の下痢について 投稿者:ほぼ 投稿日:2015/12/19(Sat) 13:12:23 No.7155

なるほど、有難うございます。
検便を繰り返し行いつつ、打てる手から打っていくということですね。

食事量と回数の徹底管理からしてもらっているので、今日辺り話を聴いてサプリメントも試してもらおうかと思います。

細かく、本当に有難うございました。

Re^3: 子猫の下痢について 投稿者:高円寺アニマルクリニック 投稿日:2015/12/15(Tue) 09:47:34 No.7154

こんにちは。

全ての寄生虫に効く駆虫薬はありませんから、どんな寄生虫に感染しているのかを確認した後にその寄生虫に効く駆虫薬を選択します。
ですから、寄生虫が見つからなければ駆虫薬を決められないし投与もできません。
(フィラリアに関しては予防投与です)
ホームセンターなどで売られている虫下しを与えている方がいますが、便検査をせずに投与するのはよくありません。
仮に駆虫薬を投与しても、駆虫薬の多くは寄生虫の細胞膜に作用して効果を現すもので、腸内細菌にはほとんど影響を及ぼしませんので、抗生剤のようにバランスを崩すようなことはありません。
*寄生虫ではなく原虫感染でも下痢を引き起こします。
 原虫は寄生数が少ないとなかなか検出が困難です。
 否定するためには繰り返しの検便が必要になります。

食事量はちゃんと調整できていれば問題ないと思います。

猫に下痢をもたらすウイルス感染症としては、パルボウイルス、コロナウイルス、 免疫不全ウイルス(通称猫エイズ)などが考えられます。
どのウイルスも便検査や血液検査で感染の有無を調べることができます。
パルボウイルスと疫不全ウイルス(通称猫エイズ)にはワクチンがあります。
ワクチン接種が難しければ、猫インターフェロンで免疫を調整する目的で投与するという方法もあります。

食事に関しては診察をしていないので具体的なコメントはできません。

腸内細菌についてアプローチをするなら、前回も書かせていただきましたが、腸内細菌のバランスを整えるサプリメントが有効なケースが少なくありません。
良いサプリメントがいくつも出ています。
サプリメントの投与だけで良くなるケースもあります。
全てのケースに効くものはありませんが、「Aは効かなかったがBに替えたら良くなった」ことは多いので下痢が長引いているなら試してみる価値はあると思います。

Re^2: 子猫の下痢について 投稿者:ほぼ 投稿日:2015/12/15(Tue) 00:49:15 No.7153

ご回答有難うございました。
ここまで訊くのは場違いかもしれませんが、もう少しだけ聴いて頂けますでしょうか。

私も自分の目で一度元気か確かめて来ようと、会って話を聴いてきました。
検便は私の所にいた普通便の時、下痢が起きた時、この質問を書いた日と計3回出しているのですが、一度も虫が出たことはなく、勿論、目視したこともなく…。
虫がいないのに駆虫薬を使うことというのは、1sの子猫の身体にとって負担になったりはしないものなのでしょうか。免疫力が下がっていたところに使ったことで、人間の抗生剤投与でよくある腸内環境のバランスを崩すような原因があったのではないかとも心配になりました。
食事は体重に応じた一日量+10g程度(太らせるのに少し多めにあげても良いと言われたそうです)を1日4回に分けてあげているそうです。(本当にかっちりそうあげているのか少し疑問でしたが)
ワクチンはこんな調子なのでまだ打つことはできないのですが、ウイルス感染というのは、我々人間で言うノロのようなものでしょうか。
止痢剤を服用させていたのですが、子猫だからで説明が付くのか??というくらいお腹がパンパンで、指で叩くと鼓腸音がしたり腸音も微弱で怖くなったのですが、その日にレントゲンも撮っているし吐いてはいないからと、かかりつけ医の見立てで経過を見てもらうことにしてきました。
現在、与える食事は今のままで良いが食事の問題も可能性としては無い訳ではないと、残渣食を食べさせていますが、これは人間が大腸ファイバー前なんかに食べる低残渣食と同じく便として出るもの自体を無くすだけのものだとしたら、腸を休ませるくらいの効果はあるのでしょうか。暫く治まるまで食事は変えないで、投与量の一日量を守って分4であげるで良いのではないかと伝えてきましたが、原因は分からないが腸内細菌が暴れているとのことなので、理には適っているのでしょうか。

Re: 子猫の下痢について 投稿者:高円寺アニマルクリニック 投稿日:2015/12/14(Mon) 18:44:45 No.7152

こんにちは。
お返事が遅れて申し訳ありません。

ブロードラインは、猫のノミ・ダニ駆除、フィラリア予防の滴下薬ですが、私はこの製品を使用した経験がないので、実際に処方した上での患者さんの使用後の感想などの情報は持ち合わせていません。
ですが、フロントラインなどの滴下薬は使用しているので、それらを処方した場合のお話をすると、滴下した部位の赤みや滴下した部位を舐めてしまってのよだれなどは希にみられますが、下痢などの消化器症状がみられたことはありません。
ブロードラインも同系統の駆虫薬なので、副反応が起こった場合の傾向も似ているのではないかと推測すれば、今回の下痢の原因はブロードライン以外にあるように思えます。
タイミング的にはブロードラインが原因のように思えるでしょうが。

仔猫の下痢の治療方針としては、
 ・ウイルス感染の有無を確認
   持続的に下痢を起こさせるウイルスがあります。
   ワクチン接種の時期の確認やウイルス検査をしてみましょう。
 ・もう一度検便をしてみること 
   1回の検便で寄生虫を検出できないこともすくなくありません。
・食事量の確認
   食欲旺盛な仔猫は食べ過ぎて下痢になってしまうことがあります。
   1回の食事量を減らして、回数を増やしてみましょう。  
・腸内細菌のバランスを整える治療
   療法食と共に腸内細菌のバランスを整えるサプリメントを与えます。
 など。 
以上は、お話を読んだ上での私の考えですので、実際に診察した獣医師の所見にはかないません。
担当の獣医師とよく相談して、納得いく治療をしてあげてください。

子猫の下痢について 投稿者:ほぼ 投稿日:2015/12/11(Fri) 11:33:14 No.7150

こんにちは。
お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
野良の子猫を保護して一週間は何の問題もなかったのですが、獣医より約2.5ヶ月齢体重1sとのことで、ブロードラインを使用し、里親宅へお連れして3日後より下痢が始まりました。
里親さんには懐いており、お部屋も遊んで走り回れるくらいにはなった矢先のことです。
同じ獣医に診てもらったところ、腸内細菌が大暴れしている、原因は分からないということで、抗生剤を貰いましたが飲み切っても止まらず、
下痢3日目にフードの相談もして療養食と止痢剤を頂きました。
一時良くなる兆しがあったのですが、また下痢になり、本日で11日目です。
本人は活気なのか何か不快感があるのかは分かりませんが、昼夜問わず数時間ごとに運動会のごとく走り回るようになりこちらが困るほどです。

この下痢はブロードラインが原因ということは考えられますでしょうか。
もしそうだった場合、治まるまで待つしかないのか、治療法はあるのかを教えて頂けますでしょうか。

Re^2: 寒さと病気 投稿者:しゅう 投稿日:2015/12/05(Sat) 22:08:25 No.7148

先生、いつも迅速なお返事 ありがとうございます。
 
本当に いつも大変わかりやすく、とてもとても詳しく教えて頂け
心強いです。

一度、尿結石を患い、大変 苦しい思いをさせてしまいましたので
特に冬は、尿と、水の飲む量や回数にも気を配りたいです。

また何かありましたらご相談 お願いいたします!

Re: 寒さと病気 投稿者:高円寺アニマルクリニック 投稿日:2015/12/04(Fri) 16:15:49 No.7147

こんにちは。

冬に来院が多い病気について主なものをいくつか挙げてみます。

・尿路系の疾患は冬に多い病気です。十分な水分摂取を
 猫は、もともとが水分摂取が少なく濃い尿を出すため、犬よりも膀胱結石や尿路結石などを起こしやすい動物です。
 それが冬になると、さらに飲水量がさらに減るので、リスクは格段に高くなります。
 予防策は、1にも2にも飲水量の維持です。
 猫がいつでも新鮮な水を飲めるように、行動範囲のいくつもの場所に水を置いておくようにしましょう。
 あまり飲水量が増えない場合には、飲み水をぬるま湯にしたり、牛乳や肉汁を少し加えてにおいをつけたりと、工夫してみましょう。
 また暖房の関係から部屋のドアを閉め切ることが多いので、猫の行動が制限されがちです。排尿の機会を奪わないように、トイレの位置に気をつけてください。

また、高齢猫が腎機能低下の症状を現すこともあります。
 これも飲水量の減少が原因です。
 6〜7歳を過ぎていたら、一度血液検査をしておくことをお勧めします。

・寒さは、心疾患や関節疾患、持病を持っている猫にとっては大きな負担になります。
心疾患の持病をもつ猫や高齢猫にとっては、冷え込みや急激な温度変化は心臓に大きな負担をかけます。
 寒さは関節にも負担をかけます。
 寒さで血液循環が悪くなり、痛みが出やすくなります。
 日中の保温も大切ですが、昼と夜の温度差にも気を配ってあげてください。

・冬はウイルスにとって快適な季節です。ワクチン接種を忘れずに
 気温が低く空気が乾燥する冬は、ウイルスの活動が最も活発になる季節です。
 また、冷たく乾燥した空気は呼吸器系の粘膜の抵抗力を低下させ、感染に対する防御力を弱めます。
 これらの条件が、冬にウイルス感染が多い理由です。
 理屈としては、ウイルスと出会わなければウイルスには感染しないわけですが、他の猫と接触していないにもかかわらず上部気道感染症の症状(くしゃみ、鼻水、涙目、目やに)で来院する猫は少なからずいます。
 他の猫と会う可能性がなくても、保険だと思ってワクチンを接種することをお勧めします。

・運動不足は“遊び”に誘って解消
 病気ではありませんが、冬を越す毎に体重が増えていく猫が少なくありません。
 猫は寒いと、暖房の前から離れなかったり、暖かくなった場所から動かなかったりと、活動量が大幅に減少します。
 冬は、体に脂肪を蓄える傾向があります。
これは、寒さに備えるためと冬は食料の調達が難しくなるためです。
 しかし、暖かい部屋で十分な食事が手に入る状況では、摂取カロリーが消費カロリーを大きく上回ってしまって、肥満に向かっていっくことになります。
 猫の心身のコンディション維持のためには、冬でも適度な運動は必要です。
 犬のように散歩に連れ出すことは難しいので、遊びに誘って運動させましょう。

寒さと病気 投稿者:しゅう 投稿日:2015/12/03(Thu) 21:59:14 No.7146

> 先生、いつもありがとうございます。
甘噛みの方は 先生に教えて頂いた様に、痛い!だめ!と叱り、傍から離れるという事を繰り返しています。
その甲斐あってか ここしばらくは噛まれていません。

また相談になりますが・・・
今回、初めての猫飼い、初めての冬越しになります。(6歳メス。完全室内飼い)

秋田では本格的な冬になると日中の最高気温でも だいたい1〜3度、時には氷点下にもなります。
家族全員、仕事のため、10時間弱はお留守番です(8〜18時)。
居間はストーブ暖房で、起床してから二時間後には消して出かけます。
居間は締め切って出かけます。
エアコン暖房や床暖房、湯たんぽなどは使用しない方向です。
もこもこっとしたハウス(密着度はなし)には入りますが・・・
フリース生地のひざ掛けも用意してますが今の所、潜りません!

このような状況で寒さの為になりやすい病気は何でしょうか?

猫風邪の原因は寒さではなくウィルス感染なのですよね?!

寒さの為に 運動不足、肥満。水を飲まなくなるので尿疾患・・・とは聞きますが その他に引き起こされる病気はありますか?


































>
> 推定6歳という時に動物管理センターから引き取っているので産まれた時から 野良ちゃんだったかもしれませんし、元、飼い猫だったとしても、どういう生活を送ってきたのか わかりません。
> 先生がおっしゃるように 私が親兄弟になって しつけをしなければ!と思いました!
>
> 教えて頂いたやり方で 根気強く しつけしていきたいと思います。
>
> ありがとうございました!
>
> また何かありましたら お願いいたします!

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 |

- WebForum -