[戻る]
一括表示

pHコントロール 投稿者:momo 投稿日:2015/07/28(Tue) 20:05:05 No.6926

7歳♀猫なのですが、尿検査をしたところ
PH:7 淡白:+ 潜血:- 比重:1.087 結晶:ストロバイト++ 沈渣:ストロバイト++
と、結晶が出てしまい食事をロイカナのpHコントロール0に変えたのですが、
どうもpHがあまり合わないようでお腹がゆるめになってしまいます。
かれこれ1ヶ月近くもとのご飯と混ぜて割合を徐々に変えていっているのですが
やはりpH単体で食べないと効果はでないでしょうか?

よろしくお願いします。

Re: pHコントロール 投稿者:高円寺アニマルクリニック 投稿日:2015/07/29(Wed) 10:10:27 No.6927

こんにちは。

一番の問題は尿比重がとても高いことで、これが改善されないとストルバイトはなかなか消えないかもしれません。
飲水量を増やす工夫がとても重要ですね。
飲水量を増やす工夫についてはかかりつけの獣医師に相談してください。

ロイヤルカナンのpHコントロールシリーズは、食材の配合バランスで弱酸性の尿になるように設計されています。
ヒルズ、ユカヌバなどの下部尿路疾患用の食事も同じです。
尿酸化剤を混ぜて尿を酸性にさせる食事の場合、一般食と混ぜて与えてもある程度効果が期待できましたが、配合バランスで酸性尿にする食事では他のものと混ぜると効果が発揮されない可能性が高いと言われています。
*尿酸化剤の長期投与は有害な副反応をもたらす可能性があるので、療養食では使われなくなっています。短期投与は問題ありません。

pHは7.0なのにストルバイトが++ですから、pHがアルカリに傾けば結晶がもっと出現するようになってしまうことが考えられます。
飲水量を増やし、尿pHは弱アルカリを保つことが大切になってきます。

少なくともストルバイト結晶が消えるまでは、食事は下部尿路疾患用の療養食のみで与えることを強くお勧めします。
pHコントロールシリーズは「0」の他にもたくさんの種類が出ています。
ストルバイトに特化した食事「1」もあります。
パウチも入れると8種類のタイプから選択できます。
この中には、便の状態を維持できる食事があるかもしれません。
また、ヒルズやユカヌバ、ドクターズ、JPスタイルなど、他のメーカーを試してみるのもいいと思います。

Re^2: pHコントロール 投稿者:momo 投稿日:2015/07/30(Thu) 16:09:58 No.6928

とてもわかりやすく教えていただきありがとうございます。
まず結晶をなくすために療法食を食べさせ、水分もたくさんとるように工夫したいとおもいます!

Re^2: pHコントロール 投稿者:momo 投稿日:2015/08/02(Sun) 20:39:15 No.6929

すみません、追記で質問させてください!
pH全部にしたところ、やはり最後の最後だけ固まりが悪いのか
お尻にくっつけてしまってました。
こういう場合ビオフェルミンは使用しても平気でしょうか?
pHとの併用はよくないでしょうか?
どうやら1gでもいつものご飯を食べればカリカリうんちが出るようなので
ビオフェルミン飲ませるのはどうだろう、と思ったので質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Re^3: pHコントロール 投稿者:高円寺アニマルクリニック 投稿日:2015/08/03(Mon) 17:27:22 No.6930

こんにちは。

ビオフェルミンとの併用が大丈夫かどうか、私は情報を持っていないのでお答えのしようがありません。
ビオフェルミンが、尿のpHや結晶の量に影響を与えるかどうかは、実際にやってみるしかありません。
投与前に尿検査を行い、投与開始後3〜5日後の尿と比較してみると影響の具合がわかるでしょう。
影響が大きければ続けることはできませんが、影響がなければ投与しても問題ないと思います。

Re^4: pHコントロール 投稿者:momo 投稿日:2015/08/03(Mon) 18:40:29 No.6931

ありがとうございます!
どのような影響があるかはわからないのですね。。

また質問で申し訳ないのですが、
今食べている物はロイヤルカナンのpH0なのですが、
pHライトでも同じような効果があるのでしょうか?
病院ではライトはpH1にあたると教えてもらったのですが
ライトだと効果がでるのに時間がかかってしまいますか?
pH0との違いを教えていただきたいです。

度々申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Re^5: pHコントロール 投稿者:momo 投稿日:2015/08/03(Mon) 21:14:35 No.6932

たびたび失礼します!

ロイカナのpH0にpHライトを少量混ぜて食べさせるのは有効でしょうか?
というのも実は小さい頃にも1度結晶が出てしまい、ロイカナのpHを食べさせていたのですが、無地結晶が消え、しばらくは維持食でpHライトを食べさせていた所
非常に相性がよく、小さい頃からお腹がゆるかったのが治ったのでした。
ただそのときも先生には「ライトは維持食」みたいに言われてしまったので
どうもライトで結晶が消える効果があるのかが疑わしく上ので質問させていただきました。
ということであくまでメインはpH0にしておいて少しライトを混ぜるのが最適なんじゃ、
と気になったのでまた質問させていただきました。

度々度々申しわけありませんがよろしくお願いします。

Re^6: pHコントロール 投稿者:高円寺アニマルクリニック 投稿日:2015/08/04(Tue) 16:29:10 No.6933

こんにちは。

pHコントロールライトは、pHコントロール2のローカロリータイプになります。
対ストルバイト効果の強さを比較すると
        *強さ=結晶や結石が溶解されるまでの時間の短さ
 pH0/オルファクトリー > pH1 > pH2 > pHライト
になります。
過去にpHコントロールシリーズで成功しているので、pHコントロール同士のブレンドであればうまくいく可能性はあると思います。

pHコントロールシリーズは、どれも維持食として使えます。
上記のように溶解力に違いがあるので、状況に応じて使い分ける場合もありますし、
pH0でなければ維持できない猫もいます。

Re^7: pHコントロール 投稿者:momo 投稿日:2015/08/04(Tue) 23:17:23 No.6934

非常にわかりやすい説明でよくわかりました!
pH0に少量ライトを混ぜたもので様子をみていこうと思います。
色々相談にのっていただき大変大変感謝しております。
ありがとうございました!!

- WebForum -