院長先生の相談室


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 6645
タイトル Re: 猫の粗相について。
投稿日 : 2014/01/17(Fri) 11:36:00
投稿者 高円寺アニマルクリニック
参照先
こんにちは。

お話を読む限りでは、猫子さんが感じているように、精神的な問題に思えます。
マーキングはいろいろな理由で始まります。
今回のケースで発現の引き金として考えられるのは、「テリトリーへ知らない人が入ってきたストレス」「自分への関心が薄れたストレス」です。
最初の友人の場合はストレス原因がなくなると共にマーキングも消えたようですが、
2度目の彼氏の時に、ストレスとマーキングとの関係が定着してしまったのかもしれません。
引越後に彼氏が来て、再度ストレスを受けることで、どのようなストレスでもマーキングをしてしまうようになってしまったと考えられます。

しかし、泌尿器系の病気についてもしっかり検討してください。
「ストレスが原因だと思っていたら泌尿器系の病気だった」という例は少なくありません。

必ずうまくいく方法というのはありませんが、以下の方法は試してみる価値はあると思います。
・思い当たるストレスや葛藤をできるだけ軽減してあげる
・マーキングの場所に臭いが残らないようにする
ex.アルミホイルやビニールを敷く、など
・猫と関わる時間を確保する
  すでにされていますが、続けるようにしましょう
・マーキング予防のフェロモンスプレーを使う
  スプレーした場所ではマーキングをしたくなくなります
・気持ちを落ち着かせる作用のあるフェイシャルフェロモンを使う
  フェイシャルフェロモンは猫の頬から分泌され、親愛の対象にこすりつけます。
  その親愛の香りをかぐと気持ちが穏やかになってきます。
・精神安定効果のあるサプリメントを使う
・理解のある獣医師に相談する

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -