院長先生の相談室


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 6835
タイトル Re^3: 猫(雌)の膀胱炎経過
投稿日 : 2015/05/22(Fri) 12:07:23
投稿者 高円寺アニマルクリニック
参照先
こんにちは。

やはり一度しっかり尿検査を受けておきましょう。
猫砂やペットシーツなどの影響を受けていない、10ml程度の尿をきれいに洗った容器に入れて取ってください。
家でどうしても採尿が難しければ、病院で採取することもできます。(膀胱に尿がなければ無理ですが)
家で尿が取れれば猫は連れて行かなくてもいいかもしれません。

というのは、二度目のお話を読むと膀胱炎にマーキングの要素も加わっている可能性も考えられるからです。
今見られている症状は膀胱炎ですからその治療を行うのは当然なのですが、尿検査の所見と症状にずれがある場合、その他に別なアプローチも考えなけばならないからです。
快方に向かっているのか、停滞しているのか、他の問題も考えなくてはならないのか、
を判断するためにも尿検査は大切です。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -