院長先生の相談室


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 6930
タイトル Re^3: pHコントロール
投稿日 : 2015/08/03(Mon) 17:27:22
投稿者 高円寺アニマルクリニック
参照先
こんにちは。

ビオフェルミンとの併用が大丈夫かどうか、私は情報を持っていないのでお答えのしようがありません。
ビオフェルミンが、尿のpHや結晶の量に影響を与えるかどうかは、実際にやってみるしかありません。
投与前に尿検査を行い、投与開始後3〜5日後の尿と比較してみると影響の具合がわかるでしょう。
影響が大きければ続けることはできませんが、影響がなければ投与しても問題ないと思います。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -